ワンスタニュース

BLOG

STREAM DECKを使用したスイッチング

ライブ配信においてはスイッチングの正確性のほか、
スピード感も求められるケースが多く、
タスクもスイッチャーに偏りやすい傾向となります。


そこでAdvanced Panelを基軸としながらも、
テロップ送りやマクロ連結の用途で、
STREAM DECKを使用しています。


PXL_20230111_065224646-1.jpg

プリセットが豊富なうえ、
ATEMのほか、HyperDeckともLINKするので、
システムを組むうえで重宝します。


一度組んでしまえばあとは押すだけということになりますが、
イレギュラーなこともあるので、
Panelとの併用を心掛けています。