ワンスタニュース

XR配信

Viz Artistをゲームコントローラーで操作

最近試みている新しい技術を紹介します。
TouchDesigner(プログラミングツール)で作ったコードで、
バーチャルCG内のカメラを操作する、という技術です。


Viz ArtistはCG内カメラとして16個を有しています。
それぞれにX/Y/Z軸とPAN(回転)の値を取得することができます。


PXL_20221109_120054913-1.jpg


一方、TouchDesignerにおいては、
ゲームコントローラーを入力デバイスとして、
ジョグでX/Y/Z軸、およびパンやズームを操作できるように
コーディングを組みました。


こうすることでバーチャルCG内のセットを、
あたかもゲームをするような感覚で移動することができました。
操作している感覚としてはドローンに近いものもあります。


現状、板ポリのクロマキーしかできませんが、
キーイングプラグインの精度も上がってきており、
スタジオのARRI照明でしっかりと照射すれば、
難なくバーチャルCG内でのクロマキー合成を実現することができます。