ワンスタニュース

XR配信

ViotrackRのトラッキング

先般はViz Artistを使用した初のバーチャルプロダクション案件でした。
トラッキングセンサーにはTrackmenを使用しており、
バトンや手前のモニター背面などにも反射板を貼るなど、
検知しやすいように工夫をしています。


PXL_20221115_130636841-1.jpg


Vizはリアルタイムとはいえ、やはり遅延があるため、
FA-1010を用意して、4カメ分のDelayをかけています。
おおよそ6-8Frame程度でした。


トラッキングも安定運用でき、ジブアームの動きとCGが連動することで、
さらにリッチなコンテンツになったと感じています。
テロップアニメーションもリハーサル通りの動きができて、
テクニカルスタッフとしても手ごたえを掴んだ一件でした。


クライアント様にもご満足いただき、
視聴者よりも演者サイドからの評価が高かったことからも、
現場でのCS向上に一役買っております。