ワンスタニュース

BLOG

ジブアーム+レールでのトラックバック演出

ワンスタでもっとも大きいスタジオは奥行15メートルとなり、
天井高も6メートル近くあることから、
ジブアームでの斜俯瞰撮影、トラックバックの演出を可能にしています。


PXL_20220514_082438682-1.jpg


VizrtやUnrealEngine、Unityといった、
背景連動型のグラフィック送出ソフトウェアとの連携を考慮すると、
一定の奥行や高さといったハード面での条件が出てきます。


PXL_20220515_041005381-1.jpg


クロマキー撮影が主流となるため、
ジブアームの導線にならない位置から照明を照射するため、
多少の余裕を持たせる必要も出てきますが、
4-6名の対談・並びであれば十分な距離と光量を確保できます。


今回はジブアーム+レールでできる演出を活用して、
オープニングシーンでは紹介から演者の呼び込みまでの一連を
トラックバックでのワンカットで撮り切りました。