ワンスタニュース

STUDIO BLOG

ライブ配信のオペレーション

いまやスイッチャーもミキサーも、
すべてLANケーブル経由でソフトウェア管理ができるため、
業務連携がスムーズです。


特にスイッチャー以外のWebPresenterや、
HyperDeckといった付帯装置をLANで管理し、
スイッチャーオペレーションを2名体制で行うこともございます。


PXL_20210705_035712344-1.jpg


テロップに関しても同様で、
Photoshopの書き出しメニューよりメディアプールに送り、
それを別PCのソフトウェアからDSKでONすることで、
メインスイッチャーとテロップオペレーターを切り分けることが可能です。


PXL_20210705_035704105-1.jpg


ワンマンオペレーションも出来ますが、
できるだけリスクを減らすために、専属のテロッパーをつけたり、
メインミキサーと音声アシスタントを振り分けたり、
カメラマンにもアシスタントを付けたり、とリスク回避を行っております。