ワンスタニュース

STUDIO BLOG

音声・音響 ミキサー

ライブ配信はクロマキー収録とは少し考え方も変えなければなりません。
生中継なので撮り直しは基本なし。一発本番で再現できるよう、
リハーサルを入念に行います。


撮影面では立ち位置や照明の加減、進行の通しリハ、
プロンプターのカンペ文章など、
当然ながら調整を重ねて本番に臨みます。


スタジオではクロマキー収録で重ねた一定の実績や経験を生かし、
ライブ配信のキーイングにも一役買っております。


撮影チームは複数台のカメラ操作をコントロールパネルで行い、
DaVinci Resolveでグレーディングされたカラー設定をSONY FS7へと持ち込み、
環境の違うカメラ間でも色が合うように調整します。


特に音声・音響チームは、昨今増えているZOOMやTeamsといった、
リモート出演での双方向システムを構築するにあたり、
返ってきた音をマイナスワンで送り返してハウリングしない環境を作ります。


映像の送りはWebPresenterやATEM Mini Proを使用するなど、
USB経由となります。安定的にHDやFHDでの配信を常時行っております。