ワンスタニュース

STUDIO BLOG

インタビュー収録 モニター

先日のインタビューロケの続きとなります。
カメラマンとディレクターの2名体制だったので、
機材やモニター環境はなるべく少なめにしています。


カメラFS7にはATOMOS SHOGUN INFERNOを設置してカメラマン用に、
ディレクターモニターとしては7インチのSMALL HDをスタンド付け、
ワイヤレスの伝送装置、Teradek社のBOLTを経由して飛ばしています。


IMG_20200305_095105-1.jpg


SHOGUN INFERNOはバックアップレコーダーの意味もありつつ、
S-log収録の際は、カスタムルックのLUTを当てるなど、
仕上がりをイメージしながらのライティングを行えます。


IMG_20200305_100015-1.jpg


Teradek BOLTも高画質で低遅延のまま、ほぼリアルタイムでモニタリングできる上、
伝送距離は最長で3キロと長く、カメラとクライアントブースが物理的に離れても、
まったく問題ないパフォーマンスとなっています。